2021年レポート

第11巻第1号の内容(RESEARCH REVIEW VOL11 NO1)

国際疾病分類改訂概要と保険実務

来年には、日本国内において死因統計など国民にとって重要な統計に、新しい病名分類である国際疾病分類(国内の冊子名は疾病、傷害及び死因分類提要)の11版が使用されることになっています。例えば消費者の方々の日常生活に直接的な影響はありませんが、民間保険業界は大きな影響を受ける予想です。保険会社は、多くの方に保険を販売し、保険金・給付金を支払っています。請求の原因になった死因や入院の原因疾患など記録しておかなければなりません。国際疾病分類はその際に使用される基本分類になっています。また、特殊な保険商品では、特定の病気で療養をすると給付金が支払われる商品も販売されています。それらの商品では対象になる病気の病名に加えて国際疾病分類のコードも約款に記載されています。このように様々な保険実務で応用されている分類が、約30年ぶりの改訂になり大規模な修正、変更が行われる予定です。本報告では、改訂の概要と保険実務への影響を解説しています。

2021年第11巻第1号 RR2021VOL10NO1.pdf